ストリートで見る超小型の気になるモデル

自分がいるのは横浜なのですが、
今季頃からみなとみらい周辺に行くと些か変わった自家用車を見掛けることがあります。

 

普通の自家用車はイメージも違って近ネクストジェネレーション的提示地に展示されておるような自家用車で、
自家用車としてはかなり幅が小さくてヘルパー会合がなくてあたり二人だけしか乗れません。

 

あの周辺に行くと何度もその自家用車を見かけて、
あの不思議なつまらない自家用車はいったい何に使の自家用車なのかといった暫し気になっていたのですが、
過日TVを見ていたら自家用車の正体がわかりました。

 

こういう自家用車の公式はカーシェアリングで扱う超小型の電気クルマで、
カーシェアリングで超小型の電気クルマを使う大キャパシティなものは日本で初めての企てですそうで、
全部で100席ほどこういう小型の電気クルマがあります。

 

こんなにもつまらない自家用車で二人しか乗れないし、
顧客がそれほどいるのかとして見てましたが、
相手方も思って以上に多いみたいで好評なようで、
地元のクライアント以外にもフィールド上ツーリストがレンタル循環代わりに扱うことも多いみたいです。