ハイブリッドマイカーが近づいても気が付かなかった

ハイブリッド車や燃料電池車は、
走行中の雑音が穏やかすぎて車がすぐそばに近づいてもぜんぜんわからないなんて対話を聞きます。

 

それでも往来を歩いたり自転車に乗っていても独りでににあっという間に横を車が通ったなんて経験もなかったし、
ハイブリッド車や燃料電池車が傍を通ったとしても周りの雑音がやかましいので、
実にどれくらい静かな雑音で走行しているのかがしばしばわからなかったので、
すぐそばを通っても大して穏やかすぎてわからないものなのかと思ていました。

 

ただしこの前散策中に一方通行の歩道がない狭苦しい往来を歩いて、
まだまだ真ん中寄りに動いたらすぐ横をハイブリッド車が通過して行って、
雑音だけしていなかったので車に気が付きませんでした。
こういう思い出で果たして穏やかすぎて車に気が付かないのだと実感しました。

 

車がいないと思って通りを横切ろうとしたときなんかに車の雑音だけしないと恐ろしいと思います。
静かなのは車の騒音が減ってくていいことなのかもしれませんが、
穏やかであるがために災害になることもあるのでいまひとつ穏やかすぎるのもどうなのかと思います。