両者分のアクセスになったヴォクシー

前年まで自宅は3机のマイカーを所有していました。おとうさんのマイカー、奥様のマイカー、私のマイカーだ。あなた自動車で任務に出ていました。
それがある日忽ち、奥様が脳の疾病になり、後遺症で車椅子をつかう私となりました。とうに生活、自分で操作をすることはないでしょう。
2人様しか運転できないのに3机のマイカーは無用。1机売ろうについてになりました。案の定、奥様のマイカーを引き渡すつもりだったのですが、その話をするといった奥様はパニックになりました。まったく本復していないので、自分が歩けなくなったことも運転できないことも理解できないのです。
なのでボクが自分の日産マーチを売りました。可愛くて運転し易く、なにより愛着があったので全く辛かっただ。奥様のマイカーがタイヤに寿命がきていたので、マーチを売った賃金で賄いました。
そうしたら、奥様のマイカーを車椅子度乗り込めるように変換しました。トヨタのヴォクシーで、もとからプラス汽車道のりのマイカーだったのです。コストはおとうさんが出してくれました。
退院の日、ボクは変換したヴォクシーに乗って奥様を迎えにいきました。
奥様は
「私のマイカーがこれ程便利になって」
という、心から驚き、喜んでいました。今ではこういうマイカーは、奥様というボク、2人分の徒歩となって毎日活躍しています。