86の改造モデル

ギネスに認定されたトヨタの86をご存知ですか。
これは高速ドリフト走行の新記録で、86の改造モデルで打ち立てられた記録です。

 

具体的に言うと、最大出力が1068psまで引き上げられています。
詳しくない人にはピンとこない数字や単位かもしれませんが、単純にモンスター級だと思っていただいて結構です。

 

高速ドリフトの記録はいかに速い速度でドリフトを行えるかで競われます。
ドリフト走行とは簡単にいえばスリップした状態で走行することです。

 

雪道でよく起こり事故が頻発するスリップと同じです。

 

これを高速状態で行うというのですから大変な危険が伴います。

 

そのためこのチャレンジはプロのドライバーによって行われました。
意図的にスリップ状態を作りだし、維持したりといったコントロールが必要になるからですね。

 

そしてこのチャレンジは時速256キロまで一気に加速した後、最大49度の角度での高速ドリフトとして達成されたのです。
ドリフト時の速度はというとなんと時速217.9キロ、聞くだけでも恐ろしいですね。

 

映像としても見ることができるので、興味のある人は見てみるといいと思います